ED(勃起不全)の原因について - 巨人倍増を徹底解剖

ED(勃起不全)の原因について

今回は、EDいわゆる勃起不全の原因について詳しく書こうと思います。いきなりですが、世の中にEDの男性は、どのぐらいいると思いますか?なかなか想像がつかないですよね。現在の日本のED人口は、およそ1000万人と推定されていて、その内、治療を実際に受けている人は40万人ほどと言われています。この数字を見ても分かるように自分で自覚していながら、誰にも相談できず悩んでいる人が多いのが分かります。また先進国におけるEDの患者数は人口の約1割程度、つまり10人に1人とも言われています。10人に1人という割合は、もはや特殊なケースに相当する病気とは決して言えないです。特にEDというのは、男性とってはナーバスな問題であるので、その病気の程度に関わらず、治療を受けていない患者が多く、EDのまま過ごしている方も少なからずいると考えられています。まず、EDの原因を学ぶ前に勃起の仕組みについて説明しましょう。

勃起の仕組み

知覚的・心理的刺激や、物理的刺激が脳内の勃起中枢を刺激することで、ペニス内にある海綿体の血管に血液が流れ込み、筋肉の力ではなく血液の圧力によって充血し、ペニスが硬く大きくなることで勃起が起こります。
勃起は、性交時に女性の膣内にペニスを挿入して精子を放出し、卵子と受精するためには欠かせないメカニズムなのです。

ED(勃起障害)の主な原因

勃起に大事なのは血流ということが分かりましたが、では、なぜEDになってしまうのか...。EDの原因には、ちゃんとした理由があるので紹介したいと思います。

【器質性ED】

器質性EDは、加齢に伴うものが主な原因で、その中でも特に動脈硬化が主な原因と考えられます。動脈硬化になると血管が十分に拡がらないばかりか、血液の循環が悪くなります。そのため、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まず、EDが起こりやすくなります。糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病の人では、血管に大きな負担がかかるために、しばしば動脈硬化が進行していることがあります。そのため、EDが起こりやすくなります。その他に、神経が傷害される病気(脳出血、脳腫瘍、脳外傷、脊髄損傷、パーキンソン病、アルツハイマー病など)、陰茎海面体の血管や神経を損傷するような手術・外傷、一部の泌尿器系の病気でもEDが起こりやすくなります。あと、喫煙者は非喫煙者と比べて約1.8倍もEDの頻度が高く、また喫煙量が多いほど、陰茎に血液を運ぶ内陰部動脈の動脈硬化が大きいという調査結果も報告されています。これによって、陰茎に流入する血液量が減って勃起の硬さが十分でなくなる可能性もあります。

【心因性ED】

心因性EDは、ストレス、不安、うつ病などの心理的が主な原因と考えられます。 器質性EDが血管や神経の障害によって、加齢による影響が出る40~50代以降の男性に多いのに対して、 心因性EDは20~30代の男性にもっとも多く見られるEDなのです。 EDと聞くと年齢を重ねた人に多いと思われがちなんですが最近は、ストレスによる若い世代のEDが多いのです。
ぺニスの勃ちがいまひとつで、うまくSEXが行えなかったときなどいわゆる中折れや途中で萎えてしなったといった失敗経験がトラウマとなりEDになってしまうケースもあるのです。

このように、様々な原因が気づかないうちにEDを引き起こしてしまい、EDと向き合えていない人が多くいます。EDと言われると全く勃たないことだというイメージが強いんですが、SEXのときに中折れしてしまったり、勃起がうまく持続しないというのもEDの症状なのです。しっかり自分と向き合いEDについて考えてみる時間を作ってみてもいいのかもしれませんね。
勃起障害(ED)には、巨人倍増だ!!も一緒にご覧ください

巨人倍増画像

巨人倍増の価格
かかりつけ通販へ

▲このページのトップへ

選ばれ続ける理由

巨人倍増取扱店情報

かかりつけ通販 郵便局留 5%オフ
お支払い方法
・各種クレジットカード
クレジットカード
・銀行振込
銀行振込

漢方薬の副作用

漢方精力剤が生薬でつくられているから副作用がないというのは、 正しい理解ではありません。個人の体質の違いによって効果に差が出たり 、副作用が発生します。

漢方精力剤は複数の生薬を組み合わせる調合によって作られています。 それぞれの生薬の相互作用によって、副作用をより少なくするようになっている のが特徴です。