個人輸入代行で購入するときの注意点 - 巨人倍増を徹底解剖

個人輸入代行で購入するときの注意点

個人輸入代行

巨人倍増は、本場中国で作られ中国から発送されています。日本で認められていない漢方薬などを、薬局などが日本国内で販売することは法律で禁じられていますが、「個人」の方が「自分で使用する分だけ」を海外から輸入し、「自分で使用する」ことは法律でも唯一認められています。やはり、本場の漢方や精力剤は非常に魅力的で日本で手に入らないってだけで価値が上がるような気がします。私だけかもしれませんが...。でも、個人で輸入するのは本当に届くのか心配だし、ましてや中国語も喋れるわけないしと思ってるあなた。そんな時に便利なのが個人輸入の代行を行ってくれる業者ですね。この巨人倍増のサイトも個人輸入代行の業者に委託して皆さんの元へ巨人倍増をお届けしているんです。

では、今回は、今少しお話しました個人輸入代行について詳しく書きたいと思います。

そもそも個人輸入代行とは...?

現代社会において今、世界的にインターネットが普及してますね。最近では海外から直接商品を仕入れることもでき非常に買い物の幅が増えました。しかし、初めて海外のショップと取引したりするのは、初めての方や経験が浅い方にとっては必ず不安が付きまといます。海外では言葉の壁があり、それにより相互間で誤解が生じることもあるでしょう。
それにその国の独特の文化や生活スタイルがあったりと、スムーズに行かないこともあり余計な悩みを抱えるリスクもあります。
そうした不安や悩みを解消してくれるのが個人輸入代行業者です。
直接現地の企業や店舗と直接やりとりを行い、注文・購入を代理で行ってくれます。
なので購入者は、すべて日本語での注文を行うことができ、あとは届くのを待つだけです。インターネットの普及のおかげで個人輸入代行を手軽に利用できるとは、なんて便利な世の中になったんだとつくづく思いますね。

個人輸入代行のメリットは?

日本では購入できない商品が買えるというのは、もちろん大きなメリットなんですが他にもメリットがあるんですね。それは、ずばり価格値段です。
例えば、1ドル100円の時よりも80円の時が20%安く購入することができます。もちろん実際には代行業者の手数料や関税などの要素が入ってきますが、個人輸入によって得られる価格のメリットはこれまでになく大きいといえるでしょう。たとえば同じ製品でも日本の公式代理店で販売されているものよりも個人輸入した方が安く購入できるケースも少なくありません。手数料など諸経費を加えても安く購入できるわけです。i個人輸入代行といえば国内では入手できない製品を購入するためのものといったイメージがあるんですが、実は単に安く購入できるとからという方も結構います。

個人輸入代行で購入されることが多いのがED治療薬やピルといった医療品です。
巨人倍増などの精力剤もそうですね。
どちらも安全性への観点から国内での入手が制限されています。個人輸入代行では、それらを手軽に試してみることができるわけです。日本では安全性重視の観点から医薬品の販売に関して非常に厳しい規則があります。ドラッグストアでの販売の際には薬剤師の常駐が義務付けられていたり、医師の処方箋がなくては入手できないものも少なくありません。とくに後者は重要な問題で、薬を入手するためには通院の必要があり、薬の代金に加えて初診料や診察料が必要になってくるのです。また治療内容によっては保険が適用されない場合もあるため、高額の医療費を負担しなければならなくなります。しかし、個人輸入を利用すればそういった医薬品を手軽に入手することが可能です。

このような、メリットを生かして個人輸入代行のサービスを積極的に利用していくことはこれからの時代、当たり前のようなってくるだろうと私は思っております。しかし残念なことに中には、悪質な業者が存在します。価格が極端に安い日本国内から発送される、このような業者には十分注意して下さい。あと、手数料無料初回利用は無料といったセールスポイントを大々的に掲げている業者ですね。代行業者は基本的に手数料で利益を上げているのでそれを無料にするなど常識では考えられません!

そういった悪質な業者に引っかからないようにしっかりと確認をした上で購入しましょう。

巨人倍増画像

巨人倍増の価格
かかりつけ通販へ

▲このページのトップへ

選ばれ続ける理由

巨人倍増取扱店情報

かかりつけ通販 郵便局留 5%オフ
お支払い方法
・各種クレジットカード
クレジットカード
・銀行振込
銀行振込

漢方薬の副作用

漢方精力剤が生薬でつくられているから副作用がないというのは、 正しい理解ではありません。個人の体質の違いによって効果に差が出たり 、副作用が発生します。

漢方精力剤は複数の生薬を組み合わせる調合によって作られています。 それぞれの生薬の相互作用によって、副作用をより少なくするようになっている のが特徴です。